計算問題をカルタにしてみました

計算問題をカルタ形式にして
チャレンジしていただきました!

無題37[1]



《準備品》
0~9までの数字カード 各1枚
答えが1~9になる計算問題のカードX3枚づつ
(計算カードの裏に答えを書いておくと使いやすかったです。)

こんな感じで↓
A4サイズの画用紙等に印刷して切り離して使用。


計算かるた一覧

計算かるた一覧_page-0001


計算かるたカード



計算かるたカード_page-0001
計算かるたカード_page-0002
計算かるたカード_page-0003
計算かるたカード_page-0005



《やり方1》


①テーブルに数人で囲い座ってもらいます。

②計算問題のカードを並べます。

③スタッフが0~9までの数字カードを持ち、皆さんに見せながら「答えが「0」となる計算を探してください」等問題を出します。

④皆さんに答えが「0」となるカードを探してとってもらう。


《やり方2》

テーブルに数人で囲い座ってもらいます。

0~9までのカードをバラバラにテーブルに並べます。

③皆さんに支持棒(危険な場合は無し)をお渡しする。

④スタッフが計算カードを持ち、「5-3の答えのカードはどこでしょう?」等問題を伝える。

⑤見つけた方はカードを指してもらう。


《やり方3》

①計算カードを皆さんに見えるように持ち、できるだけ素早く答えてもらう。


《皆さんのご様子》

カードを見せて声掛けするのは耳の聞こえにくい方対策です。

目の見えにくい方には問題に答えていただく役をお願いしました。



やり方1では


普段文字カードで遅れをとりがちな方が活躍され嬉しそうでした。

3枚あるので早い方がいても見つけれるチャンスがあって皆さん真剣に探されていました♪

裏に答えを書いて、「不安な時に裏返して答えみてもOKです」とお伝えしておくやり方も、答えを言いにくい方もカードに手を出してもらいやすくて良かったです。







お読み頂きありがとうございます