ほんわかしたかわいいニワトリの起き上がりこぼしを作ります♪
酉年の置物を手作りで🎶
紙をちぎったり、はったりで基本簡単に出来ます


03



《材料》
風船
新聞紙
洗濯のり(のり)
半紙
コピー用紙

おもし(石、ビー玉、粘土など)
ボンド



《作り方》
19
❶風船を好みの大きさにふくらまします
41
※大きいのは塗る面積が多くなって、
小さいのは、細かい作業になるのもあり、
出来上がりは
直径10~12cm位が人気でした

06
❷新聞紙をこまかくちぎり、3~5重に貼っていきます

※洗濯のりをすこーし水で薄めて筆で塗ると楽です

(新聞を何重に貼ったか わかりにくそうな
場合は新聞紙をある程度貼った後、
コピー用紙をこまかくちぎり貼っていくと
はっきりわかってやる気が出ます!
(硬いため細くちぎるとよいです)

起き上がりこぼしにする場合は少し頑丈目に貼っておくと安心です!
28

❸乾かしている間にくちばし等を作ります

今回は型+半紙で作りましたが
「軽~い下記粘土」+絵の具混ぜ込み
半紙をのりを練り込んで粘土のように形作る・・
等予算や、状況によってよい方法で。
54
型を取って
20
半紙で膨らみを。
12
パンチで型を取った折り紙などをはり、
上に1枚半紙を貼るとちょっと和風で
オシャレです♪
59
❹風船を割って取り出します
03
❺ちょっと安上がりに石を紙で巻いたものを使用しました(´・ω・`)
38
❻コピー用紙を底の穴に合わせて丸く切ります。

❼コピー用紙に重しをしっかりと貼り付けます。

❽本体の中に鈴を入れます。
46
❾本体と重し付きの紙をボンドで止めます

❿貼り付けたコピー用紙の上から半紙を
しっかり貼り付けていきます
39
⓫とさか、くちばし等をボンドで貼り付けていきます
00

⓬目とほっぺたを書いて・・・


03

完成♬

0132



見本を見てお孫さんのために、もう少しくちばしを丸くして、
(危ないから)ここをふんわりとさせて・・と
注文をつけながら紙をちぎってくれていました。
まだ仕上がりまで行っていませんがどうなるでしょう?

きちんと起き上がりこぼしになっていて、
「ほらちゃんと起きるんよ!面白いじゃろう!」と
何度も転がして楽しんでくださっていました。が、
扱いが思いのほか乱暴(?)だったので、皆さんの
仕上がりはごろごろ転がしても安心な
しっかりしたものになる様に確認しておきます♪




お読み頂きありがとうございます